訪問マッサージ・在宅リハビリ治療とは?

医療保険を使ってご自宅で受けられるマッサージ治療です。

訪問マッサージ画像

2006年に介護保険制度の基、介護予防が認可され、同時に改正された医療法で入院期間、リハビリ期間が大幅に短縮されました。
そのため、「介護難民・リハビリ難民」という言葉が流行るほど患者様の皆様が満足できるリハビリを受けられなくなってきているのが現状です。
それに加え介護保険制度での訪問リハビリを担当とする理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のマンパワー不足もあり、特に慢性期・維持期の患者様へのリハビリが供給できにくい状況です。

「在宅マッサージ治療」とは、そんなリハビリを受けられなくなった「寝たきり」あるいは「歩行困難」で自立通院が困難な方に医療上マッサージを必要とする症例(筋麻痺・関節拘縮等)に対して、医師の同意があったことを証明する★同意書等を頂いた上で、国民健康保険や社会保険などの各種医療保険制度を利用して在宅で受けられるマッサージ治療です。

同意書とは?

(同意書)
健康保険でマッサージ治療を受けるには、医師の発行した「同意書」が必要です。
同意書は医師が、マッサージ治療の必要性を認めた場合に発行されます。また同意書には、
病名・症状(主訴を含む)及び発病年月日が明記されていなければなりません。


【▼訪問マッサージ同意依頼書ダウンロード】   【▼はり灸同意依頼書ダウンロード】

訪問マッサージ同意書PDF はり灸同意書PDF


同意書は、ご利用になる患者様の症状、状態を診させていただいた後、主冶医の先生宛に
「同意依頼書」を添付して弊社で用意させていただきます。
同意書は「療養費同意書交付料」として健康保険が適用されますので、自己負担率が一割負担の場合は、病院窓口で同意書交付料として100円支払っていただけばよいことになっています。

お問い合せはフリーダイヤル 0120-38-6626

このページの先頭へ