患者様・ご家族様へ

私共ビオラ治療院は、患者様ご本人、ご家族様のご希望に合わせた
治療を行い日常生活の向上を目指しております。

長い間の介護は介護する人の体や心にも負担がかかります。
誰にとっても一度きりのかけがえのない人生です。
私共が行う訪問マッサージは解剖学、生理学に基づいたマッサージと滞りやすいリンパ液や血液の流れを改善し筋肉中の老廃物や細胞間の余分な水分などを取り除くリンパマッサージを同時に行うことにより痛みの緩和、痺れの改善、むくみ(浮腫)、筋肉疲労に良いとされている医療マッサージです。


家族が寝たきりで苦しんでいるのにマッサージをしてあげる時間がない。

突然家族が病に倒れて歩けなくなった。

介護をする自分が疲れてしまった...


これらに該当する方は、ご相談ください。
お互いの日々を少しでも笑顔の多いものとするために、
私どもに少しでもそのお手伝いをさせてください。
様々な臨床経験を持つ、スタッフが親身に対応いたしますので
大切なご家族を安心してお任せ頂けます。

患者様の毎日の体調に合わせます。

無理をしても良い事は何もありません。
「この方にはいつも絶対にこれをしなくてはいけない」なんて事はありません。
体調の変化に合わせ、施術内容を変える事もあります。
体調については毎回お聞きしますが、施術中で体調が悪くなったりした時には、遠慮なくおっしゃってください。

患者さんの回復過程を見ながら1週間の訪問回数や内容も増減します。

例えば、「骨折もなく今まで歩けていたのに、入院して退院後に歩けなくなってしまった」と いった方の場合、回復過程の初期に集中して動かす事で、 再び立って 歩けるようになるまでの時間が短くて済みます。


また、一つの動作が滑らかに出来るようになると、その分時間が短くなりますね。
「身体を起こしてベッドから車椅子に移るまでに5分かかっていたのに1分で出来るようになりました。」といった事もありえます。


訪問初期の目標は、再び立って歩けるようになる事です。 回復した後の目標は、筋力・体力の維持になります。


「最初に比べてマッサージに来てくれる回数が減ったなぁ...」
「前は週に5回、30分いてくれたのに、今は週に2回・20分で帰ってしまうようになった」
「手抜きされているのではないか」と、いうお叱りの言葉をたまに頂戴いたしますが、
手抜きではございませんのでご安心ください。


それには理由があり、日数と時間の短縮は、患者様が動けるようになった何よりの証拠なのです。
日数と時間の短縮はむしろ、患者様にとって回復に向かっている喜ばしい事なのです。
ですから、多少の増減がある事を知っておいて頂けるとうれしいです。

また、どんなささいな事でも、不問な点がございましたら何なりとスタッフにご質問下さい。

当治療院の取り組み

当治療院では社会貢献活動の一環として、視覚障害者の
積極雇用、高齢者の積極雇用、盲導犬協会へ売上金の
一部寄付などを行っております。

また、視覚障害者就労支援を目的としたNPO法人の設立
に向けて活動中です。
皆様のお力をお借りして、早期設立・活動開始を目指し
全力を尽くしております。

お問い合せはフリーダイヤル 0120-38-6626

このページの先頭へ